07New1.すべてのものが生きる

2007年支部長修養会、新年修養会の御言葉です。
2007年新年修養会第1講

すべてのものが生きる

御言葉:エゼキエル書47:1?12
要 節:エゼキエル書47:9

1.1,2節を読んでみましょう。水がどこからどこへと流れ出ていましたか。ここで「神殿」と「水」はそれぞれ何を意味するでしょうか(参照。ヨハネ2:21,7:38,黙示録22:1,2)。

2.3?5節を読んでみましょう。「その人」が神殿に出て行って一千キュビトを測るたびに、水の深さはどのように変わりましたか。水が深くなり、「泳げるほどの水」となった理由は何でしょうか(ヨハネ1:16)。

3.6?8節を読んでみましょう。この両岸には何がありましたか。この水が「アラバ」(死海)に下り、海に注ぎ込むと、そこの水はどうなりますか。

4.9節を読んでみましょう。この川が流れて行くところはどのように変わりましたか。「すべてのものが生きる」とはどんな意味でしょうか。また神殿から流れ出た水の生命力について、話してみましょう。

5.10,11節を読んでみましょう。川の水は漁師たちの生活をどれだけ豊かなものにしますか。しかし、その沢と沼はどうなりますか。ここで「沢と沼」は何を意味するのでしょうか。

6.12節を読んでみましょう。聖所から流れ出ている水によって、両岸にあるあらゆる果樹はどれだけ豊かな実を結ぶようになりますか。またその実はどれだけ役立つものになるのですか。

7.今年2006年を象徴する漢字は「命」でしたが、尊い命が生かされることについて、話してみましょう。福音が宣べ伝えられるところで起こるいのちの御業についても、話してみましょう。