07King2-11.エルサレムとユダに対する主のさばき

2007年列王記第二 第11講

エルサレムとユダに対する主のさばき

御言葉:列王記第二24,25章
要 節:列王記第二24:20a

1.24:1?17節を読んでみましょう。エホヤキムの時代にどんなことが起こりましたか。バビロンがユダを侵攻した外見上の理由は何ですか。またバビロンの二回目の侵攻を受けたユダはどうなりましたか(8-17)。ところがこのバビロンの侵攻は、何が成就されたことなのでしょうか(13)。

2.24:18?25:26節を読んでみましょう。ゼデキヤはどのようにしてユダの王になりましたか。繰り返し主の前に悪を行なったユダの王たちに対して、主はついにどのようにされましたか。バビロンの三回目の侵攻によって、ゼデキヤとユダの民はどうなりましたか。特に、主の宮はどのように破壊されたのでしょうか。

3.27?30節を読んでみましょう。バビロンで捕虜になっていたエホヤキンはどうなりましたか。このできごとは、イスラエルにとってどんな意味があるのでしょうか(エレミヤ29:10-14)。

4.以上から、私たちは何を学ぶことができるのでしょうか。