01-6 隠れた所で善行をしなさい

2001年マタイの福音書第6講

隠れた所で善行をしなさい

御言葉:マタイの福音書6:1?18

要 節:マタイの福音書6:1

?.隠れた所で見ておられる神様(1-8,16-18)

1.私たちが善行をする時、犯しやすいあやまちは何ですか(1a)。なぜ人前で善行をしないように気をつけなければなりませんか(1b)。

2.施しをする時に、ラッパを吹く人の隠れた動機は何ですか(2a)。このような人々はなぜ神様の報いを受けることができませんか(2b)。私たちが施しをする時、どれだけ密かにしなければなりませんか(3,4a)。この時誰が報いてくれますか(4b)。

3.偽善者たちはどこで、どんな姿勢で祈ることを好みますか(5a)。彼らの祈りはなぜ聞かれませんか(5b)。祈りはどんな場所で、誰にしなければなりませんか(6a)。神様はなぜこのような祈りを聞かれますか(6b)。

4.異邦人はなぜ同じことばをただくり返しますか(7)。私たちはなぜこのように祈る必要がありませんか(8)。

5.断食はどんな姿勢でしなければなりませんか(16-18)。以上から、隠れた所で見ておられる神様について考えてみましょう。

?.主の祈り(9-15)

1.イエス様が私たちに教えてくださった祈りを暗唱して見ましょう(9-13)。神様は私たちにとってどんな方ですか(9a)。それで私たちはどんな姿勢と確信を持って祈らなければなりませんか。

2.私たちが祈るべき最初の祈り題目は何ですか(9b)。「御名があがめられますように。」とはどんな意味ですか。なぜこれが最初の祈り題目として祈らなければなりませんか。

3.「御国が来ますように。」とはどんな意味がありますか(10a)。なぜこの地に神様の御国が来なければなりませんか。このような望みを持って、私たちは何のために祈らなければなりませんか(10b)。

4.人が基本的に必要としているものは何ですか。この問題をどのように解決するように言われますか(11)。なぜ「日ごとの糧」を求めなければなりませんか。

5.私たちはなぜ罪の赦しを求めなければなりませんか(12)。また、なぜ試みに会わせないで、悪から救ってくださるように、祈らなければなりませんか(13)。

6.神様に罪の赦しを求める時、自分に過ちを犯した他人に対してどんな姿勢を持たなければなりませんか(14,15)。