2004年第2講 人となられたイエス様

2004年クリスマス礼拝第2講

人となられたイエス様

御言葉:ヨハネの福音書1:1?18                       
要 節:ヨハネの福音書1:14
2004年クリスマス礼拝第2講

人となられたイエス様

御言葉:ヨハネの福音書1:1?18                       
要 節:ヨハネの福音書1:14

1.1-5節を読んでみましょう。初めに、何がありましたか。ことばと神様との関係、万物との関係はどうでしたか(コロサイ1:16)。「ことば」は誰を指しています(14)。イエス様に何がありましたか。このいのちを得た人はどのような人生を生きるようになるでしょうか。
2.6-8節を読んでみましょう。神様は誰を遣わされましたか。彼の使命は何ですか。
3.9-13節を読んでみましょう。著者はなぜ、イエス様を「まことの光」だと表現したのでしょうか。イエス様はご自分の国に来られたのに、なぜご自分の民は受け入れなかったのでしょうか。しかし、イエス様を受け入れた人々にはどんな特権が与えられるのですか。
4.14節を読んでみましょう。初めにあったことばはどうなりましたか。人となって、私たちの間に住まわれたイエス様について話してみましょう。イエス様はどんな点で恵みとまことに満ちておられたのでしょうか(ピリピ2:6-8)。
5.15-18節を読んでみましょう。バプテスマのヨハネはイエス様をどのように証言しましたか。私たちはこの方の満ち満ちた豊かさの中から何を受けたのでしょうか。モーセとイエス・キリストとの違いは何ですか。私たちがどのようにして神様を見ることができるのですか(ヨハネ14:9)。