1999年ルカの福音書第6講 人生の突風とイエス様

1999年ルカの福音書第6講

 

人生の突風とイエス様

 

御言葉:ルカの福音書8:22?39

要 節:ルカの福音書8:25

 

?.外的な突風(22-25)

1.ある日、イエス様は弟子たちを連れてどこに行かれましたか(22)。向かう途中、イエス様はなぜぐっすり眠ってしまわれたのでしょうか(23a)。その時、いきなりどんなことが起こりましたか。その危険はどれくらいのものでしたか(23b)。

2.突風の中で、弟子たちは自分たちがどうなる、と思いましたか(24a)。しかしイエス様はその問題をどのように解決されましたか(24b)。そしてイエス様は弟子たちのどんな点をとがめられましたか(25a)。突風の中で、弟子たちはどんな信仰を持たなければなりませんか。

3.私たちにとってどんな人生の突風がありますか。その時、私たちはどんな否定的な考えをもちやすいのですか。しかしイエス様は私たちにどんな信仰を望まれますか。

4.弟子たちは突風を静められたイエス様にからどんな新しい姿を発見しましたか(25b)。

 

?.内的な突風(26-39)

1.イエス様と弟子たちがゲラサ人の地方に着いた時、どんな人が出て来ましたか(26,27a)。 悪霊によって、その人の心と生活はどのように破壊されましたか(27b)。

2.イエス様は彼を助けるために、すでに何をされましたか(29a)。その時、彼の苦しみはどうでしたか(28)。悪霊の勢力はどれだけ強かったのでしょうか(29b)。私たちにどんな霊的な突風がありますか。

3.イエス様はどのようにして悪霊の正体を暴かれましたか(30)。イエス様はなぜ悪の正体を暴かれたのでしょうか。

4.イエス様はその人を救うためにどんな犠牲を払われましたか(31-33)。一人のたましいをそれほどまでに尊く思われるイエス様について考えてみましょう。

5.人々は何を恐れましたか(34-37)。イエス様は悪霊につかれていた人にどんな使命をくださいましたか(38,39)。