その全ての恵みを心にとめよ

2005年収穫感謝祭問題用紙
2005年収穫感謝祭

その全ての恵みを心にとめよ

御言葉:詩篇103:1?22
要 節:詩篇103:2

1.1,2節を読んでみましょう。ダビデはどのようにして主をほめたたえていますか。主をほめたたえる時、何を忘れてはならないのでしょうか。
2.3-5節を読んでみましょう。「主の良く知ってくださったこと」とは具体的には何でしょうか。特に、すべての咎が赦されたこと、主の恵みとあわれみとの冠をかぶらせたことについて、考え、話してみましょう。
3.6-12節を読んでみましょう。主は何を行なわれますか。ここで、主はどんな方ですか。神様は、私たちの罪をどのように扱われますか。主を恐れる者に対する主の恵みはどれだけ大きなものなのでしょうか。
4.13-16節を読んでみましょう。主はどのように私たちをあわれまれますか。なぜそのようにあわれまれるのでしょうか。私たちの人生はどれだけはかないものなのでしょうか。
5.17,18節を読んでみましょう。主を恐れる者の上にある「主の恵み」について話してみましょう。「主を恐れる」とは具体的にどのようにすることでしょうか。
6.19-22節を読んでみましょう。主の統治について話してみましょう。著者は誰に主をほめたたえるように勧めていますか。すべて造られたものたちは、主に対して、どんな姿勢を持つべきでしょうか。